上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は少し揺らいでしまって
自分という人間のことについて
真面目に考えてみたら

こんな時間になってしまった週末の夜。

みなさんはいかがお過ごしですか?
ykr_noでございます。


本日は5のつく日でしたので
ドラえもんの雲の王国を借りてきました。
単行本も持ってますし、
昔見ていたので、ストーリーとかは知っているのですが

いやぁ、泣けました。

追記にて
自分の意見をつらつら書いています。
はじめに

勝手なこと言って申し訳ございません
ただ、これはあくまで一個人の意見と捉えてやってください



今のドラえもんって露骨に感動を狙ってる節があるような気がします。

ドラえもんだけではないです
クレヨンしんちゃんのあっぱれ戦国もそうかなと...

感動モノってとってもいいと思います
それは全く否定はしません
自分がそれ系統を苦手としているだけですので。


特にしんちゃんはそこまで感動路線にしなくても
いいんじゃないかなぁって思ったりしてます。

何が言いたいのかよくわからなくなってきたのですが(
露骨に感動を狙わなくても自然にこみあげてくるものがある映画は
本当にいい作品なのではないかなと思いました。



そんな感じでした。
やっぱりドラえもんは面白いですね。
スポンサーサイト

Comment


雲の王国は泣けますね…私も子供のころ見て泣きました。
そんな私は夢幻三剣士とアニマルプラネットが好きです^^

確かに最近は狙った感動系の作品が多い気がしますね。
アニメ映画に限った話でなく他作品にもみられる気がします。
最近の主流なんでしょうかね?感動系作品。
無理にいれなくてもなぁ、と思うのは私も同意見ですー。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。